必ず通る道・・・反抗期・・・

子育てをしている過程で、成長とともに二回もしくは三回、反抗期をむかえますね。一回目は二歳頃に始まる第一反抗期「イヤイヤ期」。服を着るのもイヤ!ご飯を食べるのもイヤ!何をするにもイヤイヤが続きます。二回目は思春期の頃に始まる第二反抗期。早ければ、小学三年生から始まり、中学校卒業の頃まで続き、そのまま高校まで続くこともあるでしょう。親に口答えしたり、返事をしない・・・時には、暴言を吐くこともあるかもしれません。

反抗期は必要なこと!?

親は、反抗される度に、イライラし、頭を抱えるくらいに悩むこともあることでしょう。でも、反抗期は、子供が成長するうえでとても大切な通過点です。反抗期には色々な理由がありますが、その一つが「自立心の芽生え」だということ。子供が「自分でしたい」「自分で考えたい」という思いが強くなるから、親の干渉に反抗してしまうのかもしれません。そう思うことで、子供の反抗期も、可愛らしく受け止めることができればいいですね。

親の対処法・・・ストレスをためないで!

子供の反抗期だけでなく、子育てをしているとストレスがたまるものです。それぞれの成長過程で色々な悩みが出てきます。その悩みを一人で抱え込まないように・・・家族や周りの人たちに相談しながら乗り越えていきましょう。親も人間です。子供の年齢が親年齢ともいいますよね。「子育てをしながら、親も一緒に成長していくもの」という考えを持つことで、とても気持ちが楽になることでしょう。そして、たまには息抜きしましょう。イライラや悩みを楽しさに変えて、子育てを頑張りたいですね。

現代では、夫の収入だけで十分に生活できる家庭には限りがあります。時間的な制約があっても、主婦のパートで家計も楽になります。