自分の実績をまずは振り返ってみましょう

他の病院に転職する際にはこれまで自分が現在の職場で何をしてきたのかを整理しておくことが重要と言えますね。どういった手術をしてその結果患者がどのように回復していったのか等明らかにできる範囲で整理しておくとよいでしょう。その次にやることは現在の職場の上司に転職を検討していることを打ち明けることですね。上司の性格や現在あなたが勤務している病院の状況によっては転職に反対するかもしれないので、そういった状況に陥ってしまったら時間をかけて説得しましょう。

転職サイト等に頼りましょうよ

転職をするうえで求人情報は非常に重要ですよね。情報をもっていなかったがためにより多くの経験を積める病院に転職できなかったという残念なケースが少なからずあります。そうはならないように身内だけでなく医療系の転職サイトも活用していきましょう。転職サイトをチェックしているだけでかなり多くの情報を得ることができますね。経験年数に応じて年収がどの程度もらえるのかといった相場などに関する情報を得ることができますよ。

転職支援会社のスタッフにも相談しましょう

医療系の転職支援会社に掲載してある求人が気になったらそのサイトに掲載した転職支援会社に連絡しましょう。求人情報を掲載したコンサルタントは実際にそれらの求人を出した病院に行っているので面接官の人となりを良く知っているんですね。なので普段の仕事が忙しいとは思いますが転職支援会社に実際に足を運ぶとよいでしょう。電話では聞きづらいことでも面と向かってなら質問できるでしょうし、病院の面接官との面接を成功させるためのアドバイスもしてくれるでしょう。

医師の転職では、専門の転職サイトへ登録することで、豊富な求人を把握できるだけでなく、コンサルタントからのサポートも受けられます。